スポンサーリンク

ロト買って億万長者の夢を見る~夢叶う お気に入りに追加  応援お願いします👉  

ロト6の統計分析

2017年1月1日データ更新 data update

ロト6攻略 数字の選び方(統計分析)

当選確率を上げる為に、過去当選番号を統計分析して数字を選んでいます。
本数字のみのデータで、第1回から第1094回までの分析結果です。

① 本数字出現回数
  確率的には出やすい数字はなく、確率は収束するので試行回数
  (抽選回数)を増やせば増やすほど、「偏った事象」が起きる確率は下がるでしょうが
  出現回数の多い数字・少ない数字の傾向を知り予想数字を選ぶのは重要ですね。
ロト6本数字出現回数


② 第1~第6数字の出現傾向率
  注目は第1と第6数字です。
  第1数字の出現確率は1-12%・2-13%・3-11%・4-9%・5-8%・6-8%で
  トータル出現確率は60%以上です。
  第6数字の出現確率は38-9%・39-9%・40-10%・41-10%・42-12%・43-14%で
  トータル出現確率は60%以上です。
  第1・6数字はこの数字に注目しています。
ロト6出現傾向率1~6


③ 奇数:偶数構成比  ④本数字合計値
  奇数:偶数構成比では最も当選確率が高い組み合わせは「奇数3、偶数3」の32%
  次いで「奇数2、偶数4」の26%、「奇数4、偶数2」の25%です。
  この組み合わせを合計すると、すべての抽選のおよそ80%以上を占めています。

  本数字合計値では最も多いのは121~140の29%
  次いで141~160の23%、101~120の20%です。
  この組み合わせを合計すると、すべての抽選のおよそ70%以上を占めています。

  この偏りを知ることで、より当選の可能性が高い数字を選ぶ事ができます。
ロト6奇・偶数、合計値


⑤ 6分割法
  抽選数字の01~43までの数字を1~7、8~14、15~21、22~28、29~35、36~43
  と6分割することで、グループ単位での出現率やパターンなどを分析します。
  グループ内の出現回数は0個1個2個で90%以上を占めています。
  グループ内で3個以上選ぶと当選確率は大きく下がる傾向になります。
6bunkatugurafu.png


ロト6 インターバル分析(参考データ)
前回の出現から次回出現までの間隔(インターバル)のことです。
最も単純な方法として総抽選回数に対して何回出現したかを分析。
出現周期の平均は7.3回ですが、当然7回に1回出現しているわけではありません。
このデータから1・2回の出現率、つまり前回と同じ数字(引っ張り数字)
と前々回と同じ数字(飛び石数字)が高確率だと確認できます。
また、ほぼ12周期以内の出現ですがそれ以上の周期も16%はあるので注意が必要です。
ロト6インターバル


ロト6攻略 数字の選び方(統計分析)のまとめ
step1 👉 本数字合計数は121~140が高確率。
step2 👉 奇数:偶数比率は奇数3個偶数3個がベスト。
step3 👉 6分割法では、グループ内で0個、1個、2個のパターンを組む。
step4 👉 毎回同じ番号の購入or数字選びに迷ったら
      第1数字は①,②,③,第6数字は㊶,㊷,㊸を選ぶのが効果的。

当選確率を上げるために👉ロト6の傾向分析 ロト6の買い方~購入口数

私の実践している👉ネットでお得便利

複数の攻略法を組み合わせて当選数字を絞り込み当選確率をあげていきたいです。


ブログ更新の励みになりますので応援よろしくお願い致します。

スポンサーリンク
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク












最新コメント

blogの応援お願いします。

ranking

カウンター

金運護符

金運護符 起死回生、一発逆転です。 「思考は現実化する」
これこそが引き寄せの法則。

「ロトくじで1等に当選して億万長者になり欲しいものを何でも手に入る!」

プロフィール

ご挨拶(ブログのコンセプト)

kanto7

Author:kanto7
Single freelance

since March, 2016